シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

タロットカード説明 大アルカナⅦ「戦車」 ウエイト版とマルセイユ版の比較や、モチーフの紹介について

目次

タロットⅦ 戦車

戦車について

He is not hereditary royalty and he is not priesthood.

世襲の王族でもなく、神職でもない。

He has led captivity captive; he is conquest on all planes–in the mind, in science, in progress, in certain trials of initiation.

彼は囚われの身であった人々を解放した。
彼はあらゆる面において成功を収め、心において、科学において、進歩において、ある種の試練において、成就をもたらす。

イラストとしては
こう。

銅

見えるイメージとしては

銅

黒と白のスフィンクス
天蓋は夜空
頭に星の王冠
肩当てに月
手綱がない
正方形の胸当てが光っている

以下は、ウェイト版タロット図解より引用

「He is above all things triumph in the mind.
彼は精神面において、あらゆるものの勝利の上に立っているのです。」

スフィンクスについて

なんで
スフィンクス出てきた?
って話をすると
長くなるから、

銅

知恵と精神の象徴だと
思ってほしい。

銅

あと、
スフィンクスというと
何を想像する?

銅
桐

エジプト。
……ああ、これ。
出エジプトだね

……説明の先に進むな。
そう、
エジプトの話をしている

銅

出エジプトの話は
少しだけ忘れろ

銅

「he is conquest on all planes–in the mind, in science, in progress, in certain trials of initiation.
He has led captivity captive;
彼は囚われの民を導いた
彼は、精神において、学問において、発展において、ある特定の出発の試練において、あらゆる面において勝利するのである。」

で、このカードは
彼は囚われの民を
導いた
」とある。

銅

エジプト
囚われの民を導く

と聞いて
聖書で浮かぶのが

銅

――「出エジプト記」
の内容。

銅

…という流れ、なんだよ。
話をすっ飛ばすな。

銅
桐

早押しクイズ形式で
勝手にやりたいから無理

……。

だから、
危機的状況を打破する
エネルギーの
カードでもある。

銅
桐

出エジプト記は、
モーセが
川を割った話で有名だね。

そうだ、

銅

正方形の胸当て アロンが着ている「エポデ」について

今回は正方形の胸当てが
ついているから
アロンの方を
モチーフにして描いたはず

銅

さばきの胸当て」とか
言われる

銅
桐

原文翻訳で言えば、
このあたりかな。
長いから、格納しておくよ。

さばきの胸当てWiki


3C 胸当て 15-30
28:15 あなたはさばきの胸当てを、巧みな細工で作る。それをエポデの細工と同じように作らなければならない。すなわち、金色や、青色、紫色、緋色の撚り糸、それに撚り糸で織った亜麻布で作らなければならない。28:16 それは、四角形で、二重にし、長さは一あたり、幅は一あたりとしなければならない。
28:17 その中に、宝石をはめ込み、宝石を四列にする。
すなわち、第一列は赤めのう、トパ一ズ、エメラルド。
28:18 第二列はトルコ玉、サファイヤ、ダイヤモンド。
28:19 第三列はヒヤシンス石、めのう、紫水晶、
28:20 第四列は緑柱石、しまめのう、碧玉。
これらを金のわくにはめ込まなければならない。
28:21 この宝石はイスラエルの子らの名によるもので
彼らの名にしたがい十二個でなければならない。
十二部族のために、
その印の彫り物が一つの名につき一つずつ、なければならない

桐

宝石一つ一つについて
詳しく知りたい人は
此処とかにも載っていたよ

アロンとは

アロンは…
モーセが
「口下手だから困っている」と
神に相談したときに
紹介された人
だな

銅
桐

口が回るのはもちろん、
杖を蛇にすることもできるね

アロンは世襲の王族でもなければ、神職階級でもない

「He is not hereditary royalty and he is not priesthood.
彼は世襲の王族でもなければ、神職階級でもない。」

ウエイトは
「世襲の王族でもなければ、
神職階級でもない」ように
デザインはしているらしいけど、

銅

天蓋や王冠だったり、
アロンだったり、
王族で聖職者感が
強いカードで
何が何だかなんだよなぁ…

銅
桐

いや
アロンは
指導者であって
王でないし、

桐

モーセと仲違いするし、
聖職者を辞める
よ。

桐

諸説ある話だけど、
基本的に不安定な存在だね

確かに、
戦車は不安定や仲違いという面を
伝える占い師さんも
多くいる気がする

銅

手綱がない部分も
その表れなのかもしれない。

銅
桐

肩当ても
宝石で作っていたよね、
でも、月になっているんだ?

タロットにおける
月が「不安」を示すものだから、
これも「戦車の不安定さ」を
作っていると思われる。

銅

ウリムとトンミムについて

「On the shoulders of the victorious hero are supposed to be the Urim and Thummim.
勝利の英雄の肩には、ウリムとトンミムが乗っているはずである。」

あと聞いて悪いけど、
ウリムとトンミムってなんだ?

銅

肩には
何も乗っていない気も
するが。

銅
桐

はい、
簡易胸当てを用意したよ。

袋だな

銅
桐

本物の胸当ても
袋状になっているからね

桐

この中に
黒い石、白い石が入れる


桐

YESかNOで答えられる
と質問をして、
この袋に手を入れてみよう。

どっちかがYESで
どっちかがNO、
みたいなやつか。

銅

明日、地球は滅亡する。
YESかNOか

銅
桐

せっかくの機会を
適当な占いに使っていいんだ、
ふぅん。へぇ

桐

ちなみに、
白いウリムの石が、『NO』で
黒いトンミムの石が『YES』

桐

神のお告げを知れる
便利なくじ、と理解していいよ。

うわっ…!?
動いているのが
あんだけど

銅
桐

ふざけた質問するから、
一個サービスで入れたよ

怖いから
適当に取って
終わらせよ

銅

は?
いや、これ何

銅
桐

おめでとう
――それは詫び石だ

要らねぇよ、
石に謝らせるな
運営が謝れ
良く分からんけど

銅

そういや、
スフィンクスの色も
丁度黒と白。

銅

ウリムと
トンミムっぽく
したのか…?
知らんけど。

銅

ウリムとトンミム詳しい説明はこちら

感覚的な読み方

「導き」「前進」「エネルギー」
「囚われの民を導く」カードだから、一気に打開が見つかる感覚

恋愛に関して

正位置→勢いのある時期、思いをぶつけると◎
逆位置→衝突が多い時期、喧嘩が多い

正位置


進展、ライバルに憶さなくて大丈夫、障害に打ち勝ちやすい、アピールを受ける、アプローチ、思いをぶつける

逆位置

ケンカしがちな時、恋のライバルに気を付けて、感情が空回りしがち、冷静に行動を、短気になってしまう、傷つけ合う

仕事に関して

正位置→立ち向かえる、勝てる
逆位置→バランスが崩れる、負けやすい

正位置

コンペや企画が通りやすい時期、試練を乗り越えられる、勢いのまま困難の乗り越える、ライバルに勝てる

逆位置

意見が衝突してしまう、自分の心が暴走しがち、計画性のある行動で勝利を掴む、企画倒れに注意、分岐点に立つ

対人トラブルについて

正位置→思いをぶつけてみる、行動力で解決
逆位置→体勢を立て直すべき、周りを受け入れて

正位置

カリスマ性の高い人に相談すると◎、本音を伝えてみる、勢いで行動すれば打開できる、アクティブに、行動的に

逆位置

意見が合わない時期、衝突が絶えない、計画性がない状態、目標を立て直すべき、勢いに任せない様に

未来、最終結果はどうなる

正位置→鍛えられる、劇的な成功
逆位置→打開できない、空回りがち

正位置


怒涛の展開で切り開く、信念を突き通して解決に導く、逆転劇、経験で鍛えられる、劇的な成功、波に乗る

逆位置

踏み留まる、立ち往生、衝突する時期、自暴自棄になりがち、苦しい立場、負け戦、葛藤、中断せざるを得ない

アドバイス、どうすれば良いか?

正位置→勇気を出す、勝負に出る
逆位置→路線変更、立て直しが大事

正位置


自分を信じて、素直に心を伝えて、周りも味方になってくれるから相談を、勝負に出る時、勇気を出す時

逆位置


現状維持か撤退を、無計画な行いは控える、冷静な行動を、勢いでの行動は避けて、路線変更を、立て直しが大事

多くの方に教えてくださると、喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる