シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

タロットカード説明 大アルカナⅩⅩⅠ「世界」 ウエイト版とマルセイユ版の比較や、モチーフの紹介について

目次

アルカナⅩⅩⅠ 世界

世界について

The World, the Universe, or Time.

世界、宇宙、あるいは時間。

タロットカード Ideal soulmale tarot アイデアル ソウルメイル

According to P. Christian, the garland should be formed of roses, and this is the kind of chain which Eliphas Levi says is less easily broken than a chain of iron.

P.クリスチャンによれば、花輪はバラで形成されるべきであり、エリファス・レヴィが鉄の鎖よりも簡単に壊れないと言うのはこの種の鎖のことである。

イラストとしてはこう。

銅

見えるイメージとしては

銅

・四辺に動物が載っている
・↑ヨハネの黙示録の4つのいきもの
・月桂の輪に囲まれている。
・女性的な人が中央にいる

「花輪が4分割になっている」とは

ウエイトの説明を
取り出してきた。

銅

It should be noted that in the four quarters of the garland there are four flowers distinctively marked.
注目すべきは、花輪の四分の一に、四つの花がはっきりと描かれていることである。

ライダーウェイト・タロット解説 より
桐

4つの花が
はっきりと…って?

区切りの部分=花…?

この部分か…?

銅
桐

それを花というのは
苦しいと思うよ

マルセイユ版の色の違う花輪

色々マルセイユ版を
漁った結果、
それっぽい色の
カード
があった

銅

ただ直接貼ると
イラストの著作権あるから

銅

それっぽいの
詰め合わせて
それっぽくつくった

銅
桐

どこまでも
いらすとや

桐

あと、さりげなく、
花ではない部分を
花にして
誤魔化すスタイル

そこじゃなくて、
リースの色が
変わったところ
を見ろ

銅
桐

でも、
リース3色だから
それで当てはめるのは
納得がいかないかな

全部の説を肯定すると
言っておきながら
ばっさり切っていくよな

銅
桐

文献がなかったり、
銅の持論系統だったりは
切っても
偉い人に怒られないからね

また図書館に行け、と

銅

4つの花推測について

ここのサイトの絵柄、
ちゃんと
4分割になっていた

銅

勝った

銅
桐

飽くまで
これは知の娯楽で
証明じゃないからね

桐

「勝った」は
愚か発言過ぎて…

なら、見つけた

銅
桐

そうだねえらいね

四分割してみた

で。
それを元に四分割して、
他の人の説も取り入れたら
こうなった

銅

 ジェブラン氏は、右上の鷲を春、右下の獅子を夏、左下の牛を秋、左上の人を冬に配属しています。
 パピュス氏は、左上を棒(火)、左下を杯(水)、右上を五芒貨(地)、右下を剣(空気)に配属しています。

タロット考察サイトより

クール=ド=ジェブランの四分割

クール=ド=ジェブランは
詳しく書いている人が
いたから伝えられる

銅

まず、これを
「世界」ではなく
「時間」と解釈している

銅

時間の四分割だから、
必然的に「四季」に
解釈されていた。

銅

鷲は鳥たちが再び姿を見せる春を表わす。

獅子は夏、もしくは太陽の灼熱。

牛は人々が耕し種を蒔く秋。

若者は人々が集い合う冬。

クール=ド=ジェブラン 『タロットについて』抄訳(随時更新)より

エゼキエルの幻の4つの生き物について

この4端にいるやつが
なんだよって話

銅


The four living creatures of the Apocalypse and Ezekiel’s vision, attributed to the evangelists in Christian symbolism, are grouped about an elliptic garland, as if it were a chain of flowers intended to symbolize all sensible things; within this garland there is the figure of a woman, whom the wind has girt about the loins with a light scarf, and this is all her vesture.
キリスト教の象徴として福音書記者が描いたとされる黙示録とエゼキエルの幻の4つの生き物は、楕円形の花輪を囲むように配置され、まるですべての感覚的なものを象徴する花の鎖のようです。この花輪には、風が軽いスカーフで腰のあたりを巻き、これが彼女のすべての衣服である女性の像が描かれています。

4つのいきものは
「運命の輪」と一緒だ

銅
桐

何となく
すぐ知りたい人は
これ見ればいいよ

3回ぐらい見たけど、
よいこの
聖書みたいな画像だな

銅
桐

夜なべして
作ったよ

さすがにそれは嘘

銅

花の鎖について


The four living creatures of the Apocalypse and Ezekiel’s vision, attributed to the evangelists in Christian symbolism, are grouped about an elliptic garland, as if it were a chain of flowers intended to symbolize all sensible things; within this garland there is the figure of a woman, whom the wind has girt about the loins with a light scarf, and this is all her vesture.
キリスト教の象徴として福音書記者が描いたとされる黙示録とエゼキエルの幻の4つの生き物は、楕円形の花輪を囲むように配置され、まるですべての感覚的なものを象徴する花の鎖のようです。この花輪には、風が軽いスカーフで腰のあたりを巻き、これが彼女のすべての衣服である女性の像が描かれています。

「花の鎖」も
力で出たな

銅
桐

簡単に言えば、
精神的に繋ぎ留めるもの
という意味だね

人を従わせるのは
暴力でなく精神…
みたいなのだな

銅

Eliphas Levi calls the garland a crown, and reports that the figure represents Truth.
エリファス・レヴィはこの花輪を王冠と呼び、その姿は真理を表していると報告している。

あまり分からねーけど、
復活した世界らしいし、
そういう意味で……
「すごい」を

王冠にしたんだと思う

銅

はっきり言うと、
何を示しているか、
上手く読めてない

銅

中央の人物について(性別、モチーフなど)

これは
中央の人物についての
記述。

銅

It is eloquent as an image of the swirl of the sensitive life, of joy attained in the body, of the soul’s intoxication in the earthly paradise, but still guarded by the Divine Watchers, as if by the powers and the graces of the Holy Name, Tetragammaton, ××–those four ineffable letters which are sometimes attributed to the mystical beasts.
それは、繊細な生命の渦、肉体に到達した喜び、地上の楽園で酔いしれる魂のイメージとして雄弁であるが、あたかも聖名、テトラグラマトン、××–神秘の獣に帰せられることのあるこの4つの言い表せない文字の力と恵みによって、依然として神の監視者に守られているのである。

テトラグラマトンと、
××は同じ言葉だ。

キリスト教で
神を示す4文字

銅

神の監視者に守られている
=神ではない存在
として
描いているはず

銅

It is eloquent as an image of the swirl of the sensitive life, of joy attained in the body, of the soul’s intoxication in the earthly paradise, but still guarded by the Divine Watchers, as if by the powers and the graces of the Holy Name, Tetragammaton, ××–those four ineffable letters which are sometimes attributed to the mystical beasts.
それは、繊細な生命の渦、肉体に到達した喜び、地上の楽園で酔いしれる魂のイメージとして雄弁であるが、あたかも聖名、テトラグラマトン、××–神秘の獣に帰せられることのあるこの4つの言い表せない文字の力と恵みによって、依然として神の監視者に守られているのである。

地上の楽園で酔いしれる、
かつ、女性となると
イヴのイメージ

作ってる気はする。

銅
桐

「ウエイトの解釈」だと
女性らしさが強いけど
マルセイユ版は
中性として

描いているよね

そうなのか?

銅
桐

マルセイユ版をどうぞ

…!
確かに、
男性とも女性とも
言えないな

銅

ウエイト版に関しては
イヴを意識しているとは思う

銅

そこのスカーフも
蛇っぽいという解釈の
人も多いしな。

銅

秘密を理解した「世界」の歓喜

「世界」とあるけど、
今の世界ではなく、
再構築された世界、みたいな
書かれ方をしている

銅

「It represents also the perfection and end of the Cosmos, the secret which is within it, the rapture of the universe when it understands itself in God.
それはまた、宇宙の完成と終焉、その中にある秘密、神の中に自らを理解したときの宇宙の歓喜を表しています。」

宇宙の完成と終焉、
その中にある秘密、
神の中に自らを理解したときの
宇宙の歓喜を表しています

銅

……。

銅

??????

銅

※宇宙猫…理解限界を越えると、現れる猫の画像。

It has more than one message on the macrocosmic side and is, for example, the state of the restored world when the law of manifestation shall have been carried to the highest degree of natural perfection.
それは大宇宙の側で複数のメッセージを持ち、例えば、自然の完璧さの最高度にまで明示の法則が運ばれるであろうときの復活された世界の状態である。

As this final message of the Major Trumps is unchanged–and indeed unchangeable–in respect of its design, it has been partly described already regarding its deeper sense.
このメッセージをデザインすること自体、不変のものであるため、その深い意味については既に述べたとおりである。

とにかく、
なんか色々を経験して
作られた
「世界」…らしい…

銅

占い方で出てきた時にどんな意味か? 感覚的な読み方。

完成、復活、理解、回復

恋愛に関して

正位置→ゴール、幸せ、相思相愛
逆位置→停滞、見直し

正位置

理想的な結果、ゴール、付き合う、結婚、信頼、尊敬、相思相愛、祝福される関係、幸せ

逆位置

先に進めない、関係を見直す、惰性的な交際、出会いのない環境、ありがたさがない、当たり前の恋

仕事に関して

正位置→成功、調和、理解
逆位置→慢心、不完全燃焼

正位置

成功、スムーズ、調和、理解、周囲に認められる、応援してくれる、やり切った達成感、順調

逆位置

慢心、停滞してしまう、達成する前に満足してしまう、納得のいく仕事が出来ない、不完全燃焼

対人トラブルに関して

正位置→完璧すぎて話しかけにくい、ナルシスト
逆位置→周りを気にしすぎてしまう、詰めが甘い

正位置

完璧すぎて話しかけにくい、ナルシスト、一つの事に集中しすぎている、問題事は順調に解決する

逆位置

周りを気にしすぎてしまう、全力が出せない環境、気が抜けてしまう、詰めが甘い

未来、最終結果はどうなる

正位置→達成、満足、幸福
逆位置→未達成、不満足、不完全燃焼

正位置

目標を達成する、夢がかなう、努力が報われる、満足、幸福、最高の結果、絶好調

逆位置

未完成、不完全燃焼、全力を出し過ぎて疲弊してしまう、不満足な結果、残念、肩透かし

アドバイス、どうすれば良いか?

正位置→理想的な状態、現状維持、力を合わせる方向へ
逆位置→1からやり直す、見直す、振り返る

正位置

理想的な状況、現状維持、自分や周りを信じる、周りと協力する、感謝の言葉をかける、挑戦する

逆位置

一度振り返ってみる、土台を確認する、1からやり直す、慢心は禁物、順序立てた目標を立てて

多くの方に教えてくださると、喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる