シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

タロットカード説明 大アルカナⅡ「女教皇」 ウエイト版とマルセイユ版の比較や、モチーフの紹介について

目次

大アルカナ Ⅱ女教皇

女教皇について

She is the Secret Tradition and the higher sense
of the instituted Mysteries.

彼女は秘密の伝統であり、制定された秘儀のより高い意味である。

「The vestments are flowing and gauzy, and the mantle suggests light–a shimmering radiance.
法衣は流れるような優雅なもので、マントはきらめくような光を連想させます。」

イラストとしては
こう。

銅
銅

見えるイメージとしては

・黒いBの柱が右
・白いJの柱が左
・柘榴(ザクロ)と棕櫚(シュロ)
・ユダヤ教典のトーラーを持っている
・ベールを纏っている
・足元に三日月
・衣類の裾が波打っている
・水色の背景

以下は、ウェイト版タロット図解より引用

存在しない象徴について

まず、
「女教皇」というのは
現実には存在しない

銅
桐

そうだね。
カトリック教会では
女性が司祭以上の職に
就くことは無理。

桐

女教皇ヨハンナという
架空の存在はいるけど。

男装の麗人だと
聞いてるけど
その行為すら
悪とみなされるからな…

銅

De Claris Mulieribusにある女教皇ヨハンナが出産する場面

教皇ヨハネス8世はマインツで生まれ、
男装という悪の行為によって教皇の座についたという。

───彼女は女性の姿で情夫である学者とともにアテネに赴き、
そこで学業において目覚しい成果をあげた。

その後ローマにやってくると、彼女と同等の者はほとんどおらず、
まして聖書の知識で彼女を越える者はさらに少なかった。

学術的で独創的な著作と論争術によって、
彼女は大きな尊敬と権威を獲得
し、
(マルティンの述べるところによると)ローマ教皇レオ6世の死後、
次の教皇に選ばれるべきは彼女だということは衆目の一致した見解であった。

サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂からコロッセオ劇場とに向かう途中、
彼女を陣痛が襲った。彼女はそこで死亡した。

在位2年1カ月4日であった。そしてそこへ儀礼抜きで埋葬された。

───これは民間伝承ではあるが、何者かははっきりしないにしろ作者がいるので、
短く述べるにとどめた。

これは詳しく述べるとこだわっているかのように思われてしまうからだ。

今後は、この話が全くの虚偽と考えられていない事態こそが
誤りである、といっていくのが良いだろう。

itæ Pontificum Platinæ historici liber de vita Christi ac omnium pontificum qui hactenus ducenti fuere et XXより

聖書の知識、学術的にも
すごい方で、
その点でも
タロットの女教皇が
教典を持っていることと繋がる

銅

持っている教典について

「The scroll in her hands is inscribed with the word Tora, signifying the Greater Law, the Secret Law and the second sense of the Word.」
彼女の手にある巻物には、大法、秘法、第二義を意味する「TORA」という文字が刻まれている。」

でも、
持っている教典、
キリスト教のもの
ではない。

銅
桐

モーセ五書だね

桐

イラストにはTorahと
書かれている様だけど、
トーラー=モーセ五書。

《創世記》《出エジプト記》
《レビ記》《民数記》《申命記》
のこと。

銅

…今は出エジプトだけでいい。
モーセが海割る奴。

あれは
戦車の話で使うから
一応、留めておいて

銅

知識や学問の象徴としても
扱われるけど、
旧約聖書ではない違和感が
やっぱ強い
よな

銅

このカードは
反ローマ教皇の象徴と
されることも多く
て、
その辺りを示している部分でも
ある気もしている。

銅

青色はマリアの象徴 マリアステラについて

で、日本だと
余り馴染みがないが、
聖母マリアの宗教画って、
大体青い服を着ている

銅
桐

マリアは青、
キリストは流した血の赤、
もしくは純潔の白。

ユダは黄色
……が多いね

カトリック系だと
「海の星」=マリアが
すぐ結びつくし、
聖歌もある

銅

めでたし、海の星
いと優しき神の御母
かくて、常に乙女なる
祝福された天の扉
めでたしの言葉を
ガブリエルの口より受け
我らに平和を与えたまえ
エヴァの名を変えられて

アヴェ・マリス・ステラ 歌詞より

それを踏まえて、
カードの背景も青、
女性の衣類も青

銅

「マリアは処女懐胎」で
乙女の象徴
の意味が強いな

銅

The High Priestess, the Pope Joan, or Female Pontiff;
early expositors have sought to term this card the Mother,
or Pope’s Wife, which is opposed to the symbolism.

大祭司、教皇ヨハンナ、または女性教皇。
初期の解説者は、このカードを母親、
または教皇の妻と呼ぼうとしたが、これは象徴に反している。

桐

それ、女帝の時に
話した方が
対比出来るんじゃない?

何がタロットの意味忘れた、だ。
完全に愉快犯だろ

銅

ザクロの実とシュロについて

「She is seated between the white and black pillars–J. and B.–of the mystic Temple, and the veil of the Temple is behind her: it is embroidered with palms and pomegranates.
彼女は、神秘的な神殿の白と黒の柱(JとB)の間に座っており、神殿のヴェールが彼女の背後にある。シュロとザクロの刺繍が施されたヴェールである。」

母性つながりで、
女性の後ろにある木に注目する。
木の実はザクロ、
女性の象徴と言われている。

銅
桐

木はシュロだから
男性の象徴だね。

俺は調べないと
気付かなかったから
流石としか。

銅

で、このカードだが
教皇という男性的職業を、
女性がしている

だから、
二つの性の象徴が描かれている。
と考えている

銅

黒の柱と白の柱(ヤヒンとボアズ)

桐

そうやって見ると、
黒い柱と、白い柱もそうだね。

BとJ…「旧約聖書」の
「歴代誌下」の第三章十七節か

え、そうなのか?
合ってはいると思うけど

銅

「彼はこの柱を神殿の前に、一本を南の方に、一本を北の方に立て、

南の方のをヤヒンと名づけ、北の方のをボアズと名づけた。」

歴代誌下 第 3 章17(一番下)
桐

…Bがボアズ (Boaz)、
Jがヤヒン (Jachin)だね。

聞き役があまりにも
下手すぎる。

調べていた俺の資料が
全部無駄になった

銅
桐

どや顔してあげようか

もうしてるよな

銅
桐

そうだ先生
ヘブライ語でのボアズ、
ヤヒンの意味をどうぞ

ボアズは闇、ヤヒンは光

銅
桐

ふぅん
よくわかったよ先生

生徒の態度ではない

銅
桐

因みに、
この柱は
何処にあるか知っている?

ソロモン神殿の柱だろ?

銅
桐

そう。

桐

これも
悪魔と契約した
聖者ソロモン、という
存在自体が、
光と闇の要素を持つ者だね。


そういえばそうだな。

銅

三日月について

あとは月だな。
月の女神とか月=女神というように
三日月は女性の象徴でもある。

銅

その女教皇の頭には
三日月型の
角のような冠がある。

銅

三日月型の角
……牡牛、
つまり男性の象徴になる。

銅
桐

そこは余談じゃない?

なんか気になった

銅
桐

そういう直感なら
そこそこ大事だから良いよ

ついでに、
ドレスの裾が海なのも
星の海である
マリア感あるよな

銅

イシス説もあるけど、
触れると長くなるから
何も話さないでおこうか

桐

感覚的な女教皇の読み方

正位置が出たら、しっかりしている。
逆位置が出たら、
頼りすぎてないか見つめなおす。

って考えて、
そのあたりから読んでいくと楽

銅

恋愛に関して

正位置→ヴェールに包まれて大切にされている
逆位置→「過保護」「過干渉」

正位置

片想い、プラトニック、秘めた恋、箱入り娘

逆位置

浮気を気にする、相手に過干渉になりすぎる、疑ってしまう、神経質。

仕事に関して

正位置→会社で地位を確立している、計画性がある
逆位置→孤立する、経験不足、知ったかぶり

正位置

勤勉、資格や技術の習得、計画性がある、仕事が出来る、完璧主義者

逆位置

職場の空気が悪い、勤勉なフリ、昇進争い、嘘で固められた状態、実力不足

対人関係について

正位置→孤高、完璧を求める繊細
逆位置→神経質、ヒステリー、ストレス、潔癖症

正位置

白黒つける、熱心にやり遂げる

逆位置

潔癖症、完璧主義すぎてストレスを抱えやすい

未来、最終結果はどうなる

正位置→自立、更生、目標、リーダーとしての才覚
逆位置→ストレスがたまりやすい、孤立しやすい、取り乱すことも

正位置

自立できる、学べる機会が訪れる、ストイックさが報われる、直感が冴え渡る

逆位置

ヒステリックになってしまいがち、孤立しやすい、時代遅れになりがち、ストレスが溜まりやすい

アドバイス、どうすれば良いか?

正位置→ストイックな行動を、目標に向かって進む
逆位置→欠点を受け止める、自分を見つめ直す、感情を制御する

正位置

誘惑に屈さない、怠惰な生活を辞める、甘えずに行動する、誠実で真面目な行動を

逆位置

感情を制御する、ストレス発散する、自分を見つめ直す、欠点を克服する

多くの方に教えてくださると、喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる