シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

ソロモン72柱の悪魔、堕天使の説明チャットノベル:序列第六十五位 アンドレアルフス(アンドレアルフュス)

※書籍史料をベースにしていますが、
フィクション世界を織り交ぜた話を前提に話が進みますので
一部独自解釈がある可能性があります。

ゆるーく『魔入りました!入間くん』、『Fate/Grand Order』、
『メギド72』、『女神転生』『機動戦士ガンダム』の
ネタバレに触れている可能性があるので注意です。
『原神』はネタバレゼロです

目次

序列第六十五位 アンドレアルフス(アンドレアルフュス)

序列65位。
30の軍団を率いる地獄の大侯爵。
最初は騒音と共に孔雀の姿で現れるが、しばらくすると人間の姿を採る。
幾何学や測量に関わるあらゆる技術、天文学、弁論術に関する全ての知識を授け精通させてくれる。
また、人間の生け贄を与える事で人間を鳥に変える力も持つ。
「屁理屈の伝道者」ともされ、人の顔だけを鳥に変えて司法の追及の手から逃がすことがあるという。

ソロモン72柱

うるさい論破孔雀

桐
銅

元も子もない言い方だな。

あと屁理屈が得意
法務部クソ悪魔

弁護士や検事が使うと
手にを得ないね

桐
銅

任天堂より法務部なのか

任天堂の基準が
分からないけど

そういうの、
比較するものでもないよ

桐

アンドレアルフス(アンドレアルフュス) の姿

召喚された時の姿は、
荘厳な声で鳴く孔雀の姿。

桐

荘厳?
うるさいだけだけど

…まあ、
書物に書いてあるから、
そうなんだろうね

桐
銅

嫌々だな

…うるさいな

命じられたら
人間の姿も取ることが
出来るよ

桐

アンドレアルフス(アンドレアルフュス) の権能

完璧な幾何学を教えてくれて、
代数学や天文学に
関する知識を与えて、
賢くしてくれる

桐

これは『地獄の辞典』の記述

桐

「天文学者であり、さらに巧みな屁理屈の伝授者でもある。
かれと交渉する人間を鳥の顔に変えて、
司法の追及の手から逃がしてやることもある」

銅

人間を鳥の顔に変える…?

鳥の顔だと話せないからね、
会話が出来なければ
裁けるものも裁けないよ

桐
銅

屁理屈だな

でも、無罪だから勝ち。
孔雀のやりそうなことだ

桐
銅

成程、法務部悪魔。

屁理屈でも何でも
司法で勝てる力を手に入れられる

桐

序列第六十五位 アンドレアルフス(アンドレアルフュス)

序列65位。
30の軍団を率いる地獄の大侯爵。
最初は騒音と共に孔雀の姿で現れるが、しばらくすると人間の姿を採る。
幾何学や測量に関わるあらゆる技術、天文学、弁論術に関する全ての知識を授け精通させてくれる。
また、人間の生け贄を与える事で人間を鳥に変える力も持つ。
「屁理屈の伝道者」ともされ、人の顔だけを鳥に変えて司法の追及の手から逃がすことがあるという。

ソロモン72柱

うるさい論破孔雀

桐
銅

元も子もない言い方だな。

あと屁理屈が得意
法務部クソ悪魔

弁護士や検事が使うと
手にを得ないね

桐
銅

任天堂より法務部なのか

任天堂の基準が
分からないけど

そういうの、
比較するものでもないよ

桐

アンドレアルフス(アンドレアルフュス) の姿

召喚された時の姿は、
荘厳な声で鳴く孔雀の姿。

桐

荘厳?
うるさいだけだけど

…まあ、
書物に書いてあるから、
そうなんだろうね

桐
銅

嫌々だな

…うるさいな

命じられたら
人間の姿も取ることが
出来るよ

桐

アンドレアルフス(アンドレアルフュス) の権能

完璧な幾何学を教えてくれて、
代数学や天文学に
関する知識を与えて、
賢くしてくれる

桐

これは『地獄の辞典』の記述

桐

「天文学者であり、さらに巧みな屁理屈の伝授者でもある。
かれと交渉する人間を鳥の顔に変えて、
司法の追及の手から逃がしてやることもある」

銅

人間を鳥の顔に変える…?

鳥の顔だと話せないからね、
会話が出来なければ
裁けるものも裁けないよ

桐
銅

屁理屈だな

でも、無罪だから勝ち。
孔雀のやりそうなことだ

桐
銅

成程、法務部悪魔。

屁理屈でも何でも
司法で勝てる力を手に入れられる

桐

参考書籍クレジット

いちばん詳しい「堕天使」がわかる事典 サタン、ルキフェルからソロモン七二柱まで (「いちばん詳しい事典」シリーズ) 

図解 悪魔学 (F-Files No.027) 

カタログバックナンバー

あくまのカタログ ソロモンVol.1

あくまのカタログ ソロモンVol.2

あくまのカタログ ソロモンVol.3

あくまのカタログ ソロモンVol.4

多くの方に教えてくださると、喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる