シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

文学食レポ 雪見だいふく

口に入れた瞬間、とろりと溶ける柔らかな餅の感触。

熱い口内に溶けて、冷たい生クリームも柔らかさが蕩けていく感覚、
控えめな甘さとまろやかさが、冷え切った体が蕩けさせていく。

氷の様な温度が喉奥を伝って行くのに、温かで細やかな冬の味を感じさせてくれた。

桃色の楊枝で、切ろうにも切れない餅。時間をゆるりと置く。
火鉢の音を感じながら、外の雪景色を堪能する。
忘れかけた頃に、楊枝を入れる。
自ら解けていく柔らかな雪にはいじらしさすら覚えた。

ふたくちめを含めば、ほぐれた餅が絡み付くように伸びていく。
火鉢で温まった舌に触れた雪は溶けて、甘さをじわりと口内へと渡らせた。

多くの方に教えてくださると、喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる