文学食レポ 海老フライ(エビフライ)

文学食レポ 海老フライ

                   

箸で割ると、肉汁に似た魚介の旨味が詰まった汁が溢れていく。
衣と衣から覗かせる淡紅色に目が惹かれる。
宝石な淡紅色のプリプリとした身がぎゅっと詰まっていた。
思わず、唾を飲み込んでしまう。

きつね色をしたサクッとしている衣、尻尾が飛び出た愛嬌のある姿。                   

その揚げたての香ばしい油の香りが、
食欲を一層引き立てて来る。
   
サクッと、美味さを閉じ込めた揚げたての衣を噛む。

ぷっくりとした分厚い海老を噛む歯触りを感じた瞬間、

海老の魚介の緻密で繊細な味が、口の中に一気に広がった。

次第に、ほんのりとした甘さと揚げたて衣の香ばしい味が混ざり、

後味では、違った一面を見せた、

文学食レポ オムライス

文学食レポ よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒酢あん 

   

TOP

音楽考察記事まとめ1

慟哭と号哭の違い、使い分けについて(辞書解説URLと例文あり)

関連記事

  1. 文学食レポ よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒…

    文学食レポ よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒酢あん思わず唾液が…

  2. 文学食レポ ハンバーグ

    じゅう、熱い鉄板に牛脂が焼かれる音が食欲を唆らされる。…

  3. 文学食レポ オムライス

    ほのかな甘みのある爽やかなバジルの香りが、鼻腔と食欲を擽る。芳醇な…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.