シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

文学食レポ 海老フライ(エビフライ)

文学食レポ 海老フライ

                   

箸で割ると、肉汁に似た魚介の旨味が詰まった汁が溢れていく。
衣と衣から覗かせる淡紅色に目が惹かれる。
宝石な淡紅色のプリプリとした身がぎゅっと詰まっていた。
思わず、唾を飲み込んでしまう。

きつね色をしたサクッとしている衣、尻尾が飛び出た愛嬌のある姿。                   

その揚げたての香ばしい油の香りが、
食欲を一層引き立てて来る。
   
サクッと、美味さを閉じ込めた揚げたての衣を噛む。

ぷっくりとした分厚い海老を噛む歯触りを感じた瞬間、

海老の魚介の緻密で繊細な味が、口の中に一気に広がった。

次第に、ほんのりとした甘さと揚げたて衣の香ばしい味が混ざり、

後味では、違った一面を見せた、

   

多くの方に教えてくださると、喜びます!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる