シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

文学食レポ ハンバーグ

じゅう、熱い鉄板に牛脂が焼かれる音が食欲を唆らされる。


熱したデミグラスソースが煮え立って、

ナツメグの甘やかで濃厚な香りが鼻腔を擽った。

とろみのある照り付ける様な濃厚なソースが、牛肉が絡まっている。


ナイフを入れると、零れる肉汁が鉄板を跳ねる。

大きな一口大に切り分けて、それを口へと運んで、舌に乗せる。


口の中でほろほろ、と解けていく肉の塊の感触、

じゅわっと広がる濃厚な肉汁、


最後に、爽やかなパセリの優しい味がした。

多くの方に教えてくださると、喜びます!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる