0.概要と説明 おわりの女学院

人物紹介

岸かれか(きしかれか)
案内人であるがGMでなく、ほぼ参加者。
あざとかったり、脅したり、色々忙しい

ゲームスタイル
煽って、調子に乗っている事が多い。
皆で楽しむことが優先のMC気質。
調子に乗り過ぎて、集中砲火喰らうことも好きなマゾメンタル
自分が目立つことが好きな為、それに対する炎上も受け入れている。


春原うめこ(すのはらうめこ)
しっかりしているが、女子大好き。
ほんわかしつつ、スラング煽りも平気な万能

ゲームスタイル
最初は周りの様子を見ている。
ルール説明が好きで、それが終わると勝ち負けにこだわらない
……と本人は思っているが、やられたらやり返す。意地になると手段を問わない非情識人


夏日 まわり(かのひまわり)
元気で、阿呆のように見えて直感が鋭い。
適当でおおらかな質問役

ゲームスタイル
はじめから、裏表なく斬り込む、強メンタル保持者。
その後に様子を見て、調整する為に「裏表がない」と思われる。
正直な性格を利用してのブラフ、虚偽が得意。推理は苦手だが、警察犬としては優秀。狂人得意。


名秋すすき(なあきすすき)
機械的な感性を持っている生真面目
確率論や可能性で物事を進めたがる。

ゲームスタイル
基本的には、確率や理論派。
知恵に対する吸収力が急速で、思考変化が早い。
その為、機械的であるにも関わらず、行動と思考が読めない。


0.女学院概要

おわりの女学院とおくげーむ部

おわりの女学院校則


・大人になる猶予期間に与えられる場所
・義務であり、権利である
・この女学院から、抜け出すことも可能
・単位が取れない、赤点の場合は流念となる
・願いの記憶と引き換えに、叶える可能性を得ている
・女学院にいる時の姿と実際の姿は異なる場合がある
・制服、私服どちらでも可。華美なものは避ける


――このテキストはフレーバーテキストであり、
  特に何の意味も持たない校則である。———

   

  
1つ、此処が死後の世界であること、
2つ、負けたら死ぬ可能性。
この2つに関しては、
否定をされている。

    
ここでの時間は、実際の時間とは異なる。

その為、時間制限という概念は存在しない。

     

    

talk

話す、しゃべる、口をきく、人語を話す、口まねしてものを言う
話をする、話し合う、相談する
うわさ話をする、(強迫されたりして)自白する

  

START(目次へ)

    

1話 第一印象ゲームのやり方へ

   

文学食レポ オムライス

第一印象ゲームの説明とやり方(お題の例つき)

関連記事

  1. 第一印象ゲームの説明とやり方(お題の例つき)

    第一印象ゲームの説明とやり方(お題の例つき)簡単な説明グル…

  2. シンパシー、ノットシンパシーのやり方(シンパ、ノ…

    シンパシー、ノットシンパシーのやり方(シンパ、ノッシ)   …

  3. 第一印象ゲーム(実践例編)、宴会ゲームや茶室など…

    第一印象ゲーム(実践例編)ゲーム説明は、第一印象ゲームの説明とやり…

  4. 程よい罰ゲームの作り方の説明とやり方。語尾など例…

    程よい罰ゲームの作り方の説明とやり方        簡単な…

  5. おわりの女学院まとめ目次(宴会ゲームの遊び方紹介…

    宴会ゲームの遊び方紹介、説明、実践などの談話トークゲームの…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.