menu

ランディングページに大事な4つのこと

ランディングページに大事な4つのこと

ある会社様にて、読者コンサルタントのお仕事をさせていただいた時の内容を、ぼかしつつ、ゆるやかな雰囲気でまとめさせていただきました。

man writing on paper

まず、ランディングページとは物を売る為のページのことです。

LPと略されていることが多く、ネット営業の要となる大事なページです。

抑えておきたい重要項目を、4つに絞ってみました

1共感で、読み手を主人公にさせる。ストーリーに乗ってもらう

2.使い方をビジュアライズし、安心してもらう

3.どんな良い未来があるのかを伝え、わくわく、ときめきを生み出す

4.値段関係は「無料」であってもあやしい…!

それぞれについて、一つずつ説明していきます。

1共感で、読み手を主人公にさせる。ストーリーに乗ってもらう

お客様の信頼関係を作るところから始まります。

「あなたの悩み、知ってるよ!」

このメッセージを伝えることで、「売りつけられる!」という不安をなくすことが第一目標なのです。

共感をさせる為には、どのような人に伝えたいか(ターゲット)を定めなければいけません。そして、その人がどんなことを考えているのか(想定思考)を理解し、その考えに寄り添わなければいけません。

その今回の場合、Webライティング教室のLPご依頼かつ、ターゲットも定まっておりましたので引用させていただきます。

ターゲット

新しい働き方を目指す方

ここからは、想定思考を考えていきます。想定思考のコツは「なるべくマイナス思考のお客さん」をイメージすることです。お買い物をする際に感じる、不安や悩みを言われる前に拾い上げること。そして、その悩みを販売側から伝えることは、安心感や信頼感を与えます。

想定思考

「WEB知識少なくて、何から手を付ければいいのか分かんないんだよね」

「アフィリエイトが良いって聞いたけどなんだろう」

「広告収入とかっていうけど、広告収入だけで本当に稼げるの?」

「新しい働き方…Youtuberとかもとっても良さそうだよね!!」

「ライティングとは、何だろう。」

「SEO……SAOじゃなくて?」

(仮説で立てたのですが、Web仕事に疎い方に聞いて検証もしております)

等など

データ収集した方が良いのですが、「大体こうかな」という仮説を立ててから、その情報が合っているかの検証をする方が効率がいいです。

具体例など

この想定思考を、そのまま使うことで共感が作れます。

例えば、

「WEB知識少なくて、何から手を付ければいいか分からないんだよね」と、初めは思っていませんでしょうか? 昔は、わたしもそうでした。

と、伝えることで、「この人、私の気持ちに気づいてくれているんだな」と思って下さり、「この人の話しなら、聞いてもいいかもしれない」と読み進めて頂ける可能性が増えます。

注意点

「WEB知識少なくて、何から手をつければいいかわからないんだよね」

と思っていませんか?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMGL8651171031_TP_V-1024x682.jpg

の様に、「思っていませんか?」にしてしまうと、「誘導感」が出てしまうので、厳禁です。

「思ってない!帰れ!」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: YOTA85_husaiyou215135819_TP_V-1024x682.jpg

という流れになります。基本原則は「他人に操られていると感じさせた瞬間に、それに対して抵抗しようとします」その為、「誘導感」が出ているかどうかは、常に文章を推敲する時に重要になっていきます。

「それなら、どういう流れがいいか…?」なのですが、

想定思考を

「〇〇という不安」

という1つのキーワードに纏めましょう

今回の場合は、「分からないという不安」というキーワードで作っていこうと考えます。(他もありますが、一例です)

まずは、その不安を否定せずに受け止めて、伝わってくる。分かると伝えて下さい。その後に、その不安と反対の単語、「簡単」「大丈夫」「一緒に」という様な不安を払拭するようなワードを散りばめて言葉を伝えていきます。(応酬トーク)

簡易例

「WEBの仕事は、何すれば良いのか分からない」

確かにそう思います。私も悩みました(共感) WEBでお仕事をすることは大変でしたが、ライティングは敷居が低くて初め易かったです(応酬)」

「でも、ウェブライティングとか分からない…」

ウェブライティングで悩んできた先輩たち(共感)が、優しく丁寧に教えます。質問も遠慮しないで、たくさんしてくれると嬉しいです。(応酬)」

この様に、「お客様からの不安に共感し、それに寄り添いながら大丈夫と言う」。これが全部のベースになるので、「お客様がなんて言うかな?」ということを常に考えることが大切です。

2.使い方をビジュアライズし、安心してもらう

新しいことに挑戦することは不安がいっぱいです。

なので、その不安を解消できるように存在しているのが

「無料体験」ですが、

手続きが、面倒くさいです。

ざっくり言いすぎたのですが、面倒くさいのです。他にも「怪しい」とか「売りつけられそう」など色んな理由がありますが、そちらは後述します。今は、面倒くさいのみに絞りました。

そのために、

「観る無料体験」

「読む無料体験」

をさせましょう。

「どうやって?」となる時に使うのが、ビジュアライズです。

この時に重要になる考えは、

もし、何も知らない料理店に入るなら何が知りたい?

です

無料体験のお品書き

1.雰囲気はどのような感じ

2.料理の味(スキルが本当にあがる? 仕上がりは良い?)

3.店員さんの対応はいい?(担当者の対応)

4.ドレスコードはある?(入ってから、入る前にやらないといけないこと)

5.どんな感じのお客さんが来てるかな(自分に似ているお客さんがいないと不安だな…)

6.ラーメンが食べたい!!!ラーメンある?(需要と供給の一致)

他にもいろいろあるかも知れないです。想像力を膨らませて、新しいお店に入る時のわくわく感や、不安感を思い出してみましょう。

ビジュアライズ例①

お絵かき教室の体験例

「大人のお絵かき教室では、

①色んな絵を教えることが出来ます。

②初心者でも安心。

③持ってくるものも何もいりません。」

これを、詳しくビジュアライズ化してみます。

大人のお絵かき教室では、

①仕事で使える可愛い黒板アートなどはもちろん、アニメ漫画イラストなどから、美術館などに公募する為のイラストまで。2人の先生が生徒さんの自由を尊重しながらも、幅広いイラストのコツを教えています 。

②はじめて絵の教室に通う方でも、安心して通えるようにそれぞれのテーブルに仕切りを用意しています。周りの絵を気にせずに、自分が思う様な絵が書ける様になることを理想としています。

③画材は、デジタルからアナログまで完備。有料ソフトも有名なものは入っていますし、ご相談頂ければ新しいソフトも順次追加予定です。また、電源コードの各テーブルに備えてあります。

後者の方がイメージがしやすく、安心感があるかと思います。また、人の雰囲気や、これから出来ることが知れて、わくわく感が高まります。

これは、進研ゼミでよく使われている、スクールに入る前に四コマ漫画で説明する、という手法です。このビジュアライズを、多くの人が有効に使っていることが分かるかと思います。

3.どんな良い未来があるのかを伝え、わくわく、ときめきを生み出す

2.のビジュアライズと似ていますが、これはもう少し未来の話になります。いちばん分かりやすい例を「いらすとや様」で作ってました。

これが、こうなります!!!

  • 
  • 

ちょっと雑ですが、○イザップさんのことです。

これが、いちばん分かりやすい未来を見せるビジュアライズの例です。

「こうなるのか!!!じゃあやる!!!」

という気分になります。スパルタなどの内容よりも、「未来がこうなるなら!」「夢の為!」という希望で、商品を買わせてしまうのです。

「でも、うちはセミナー系の商材ではないし…」

という場合の方用に、商品での少し極端な例を作りました。

ビジュアライズ例②

売るもの→スノーブーツ

伝えたいこと→足の防寒対策がしっかりしているブーツ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ef3e4c98ea76f5778a325f9d8f6318e6_s.jpg

我社のスノーブーツは素晴らしいです。最新の開発をした素晴らしい素材を使っています。 例えば、我が社の製品は熱を反射させ保湿をする「オムニヒート」、温度調整をする「アウトラスト」が中心として使われています。また、グリップ性能についても力を入れており、滑りにくいように「ラバーソール」を適応しました。 これで、靴が水に濡れても安全かつ、雪道で滑ることもありません。

②聞いてくれよ!このブーツがあるだけで、北海道の旅が楽になったんだ!前の旅では、雪を踏みつけ続けていたせいで、靴下がびしょびしょになったんだ。我慢して歩いていたけれど、足が霜焼けて宿に籠もりっきりになったよ。でも、この靴があらば、そんな思いとおさらばさ!HAHAHA!

①インテリセールス風(商品説明)

②アメリカン通販風(体験説明)

どちらも、同じ商品についての説明を書いています。「お客さんがどっちを買いたい!と思ったか」という所を重視して考えてみましょう。

①インテリセールス風(商品説明)

「今、なんて言った?」といった困惑から始まってしまいます。格好いい単語を使って凄そうには、見えますが、凄そうを「凄い」にしなければゴールではありません

その素材の凄さについて説明されても、面倒なだけなのでお客さまは聞き流します。「売っている方は、プロの情報を持っている」為に、専門用語を使ってしまうと「購入者に寄り添っていない自己満足な営業」だと捉えかねられません。

②アメリカン通販風(体験説明)

「やりすぎ感あるCMだけど、それだけ言うなら気になるかも!」という印象になります。少しノリが軽く、頭が悪い雰囲気はあります。

しかし、「完全に購入者の体験談」かつ「自分が良かったから、すすめたい」という「他己満足の為の言葉」の様なものが伝わってくる言葉です。体験談を言っているだけなので、商品のゴリ押しにもなりません。

実体験の様な言葉を伝えるだけで、どれだけ大変だったのか。という思いが「購入者目線」で伝わりやすくなるのです。また、ゴリ押し感がなくなることも大きなメリットでしょう。

4.値段関係は「無料」であってもあやしい…!

路上で、無料でティッシュ配っている理由は知っていると思います。

「宣伝の為」です。

「無料」だとしても理由が分かるから、私達はティッシュをもらったり、もらわなかったりします。

「無料体験」や「一ヶ月だけ無料」と書いてある理由も知っています。

有料で契約を延長させる為」です。

これに関しては、とても身構えます。なぜなら、宣伝は見るだけで終わりなのですが、無料体験には「次」があります

「ゴリ押しで延長させられてしまうかも知れない…。」と言った「危機予測」が働いて、本能的に身構えてしまうのです。この「未来への危機予測」は、「トラに襲われるから対策を立てよう…!」という原始人の頃からある強固な概念です。

「値段」の話よりも、

「無料」という単語の使い方にこそ

注意を払って使うようにしましょう。

また、値段についてももちろん言うタイミングは大事です。その為、通販ではよく使われる、有名な台詞があります。それが、

「でも、お高いんでしょう?」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tv_shopping_tsuuhan.png です

です。

この言葉が「でも、」で続いているイメージがあるということは、

「初めに商品を素晴らしさを必ず言っている」ということになります。

つまり、値段以外の商品の説明をして

「欲しい!買いたい!値段知りたいな!」

とお客様が購入希望者になりかかったタイミングで、

「でも、お高いんでしょう?」と値段の説明に入るのです。

その商材に興味がない時に値段交渉や、値段の話されても、ゴリ押しをしているように見えてしまいます。

他参考になる資料

ランディングページの教科書

共感力などに特化した内容や、ペルソナの作り方など5人の有名Web製作者が分かりやすく教えてくれる本です。

ランディングページの教科書のランディングページを見るだけでも、勉強になります。

集客の開花塾様の

ランディングページの作り方、7つの超重要ポイント。

このページのテンプレートに当てはめるだけで、分かりやすいランディングページが作れます!

また、ベネフィットなどの顧客思想を重視している考えが、理論的に述べられています。

マコなり社長

ビジュアライズについての説明など

【話し方の極意】どんな話も感動的な話に変わる

【話し方の極意】飛ぶように売れる!禁断のトーク

ストーリー性を持たせて、何かを売る時にはこの流れを取るとクローズがしやすいように感じます。

①似ているスタート地点

②チャレンジ、失敗、研究の連続

③突然の出会い、発見

④成功の連続

⑤詳しい分析、完璧なメソッド化

SEOについて

人によりけりですが、松尾先生の考えが分かりやすく最適解だと思いますので載せさせていただきます。

沈黙のWebライティングを書かれた、松尾先生の発言から

「検索ユーザーの多くが抱えるほとんどの悩みを網羅的に解決し、ユーザーの潜在ニーズを意識して、ユーザーに寄り添い、傾聴し、相手が納得して行動できるように情報発信することで、ユーザーに信頼してもらえるようになる。

信頼されれば、ページを読み進めてもらえたり、リンクをクリックしてもらえたり、ページをシェアしてもらえたりする。

その結果、検索ユーザーの悩みが本当の意味で解決し、検索上位に表示されることになる。

ただし、情報発信するには覚悟がいることを忘れてはならない。

コンテンツにしっかりと責任を持つ覚悟があれば、人々の悩みを解決するという社会貢献もできると考えている。

検索エンジンの話をするとSEOが重要だと言われて、テクニック的な事柄を試そうとする人もいるだろう。

しかし、私が考えるSEOは、本来のSearchEngineOptimizationではなく、SearchExperienceOptimizationで、ユーザーの検索体験をよりよいものにするためにコンテンツを最適化する施策だと考えている。

コンテンツ作りをする人は、SEOを最適な検索体験を作るためにはどうすべきか、を考えてほしい。

徹底的にユーザー思考を追求することを深堀していけば、SEOだけでなく、マーケティング全般や商品開発にも役立てられるだろう」 Web担当者Forum

君の死に方が見えた為、私の未来を捧げる

関連記事

  1. 社員を引き留める為の4つの手順

    ビジネス記事。数値、実体験、ペルソナを意識して書いたカウンタオファーについて…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.