シナリオ執筆の為、更新停滞気味です

歌詞考察『花女』花譜 「昔の私」と「未来の私」の手紙での遣り取り、 花から始まる偽りだと思っていた恋、 そこから「私」が選んだ答えは、何だったのだろうか。作詞・作曲カンザキイオリ

考察の為、作者の想いと異なる内容を書いている可能性が御座います。ご了承くださいませ

簡易情報
作詞・作曲 カンザキイオリ
歌唱 花譜
アルバム『魔法』
再生時間:5分02秒

「昔の私」と「未来の私」の手紙での遣り取り、
花から始まる偽りだと思っていた恋、
そこから「私」が選んだ答えは、何だったのだろうか。

「花女」

散ることを知った私の答え。

目次

「昔の私」への手紙と、「未来の私」への手紙

この曲は、惹き込まれる薄暗いメッセージから始める。

拝啓 昔の私

それになりに味方もいて敵もいた

だけどなぜか嫌われてばっかな気がした

見下されたくない

見た目や上部だけが全てでそれ以外全部いらない

その考えは間違いじゃない

安心して欲しい

花女 冒頭より

この冒頭部分、良く聞いてもらうと

「見下されたくない」の部分は、2人の声がする。

この声は「未来の私」と、そして、「過去の私」の声なのだろう。

.

後半になるのだが、先に「未来の私」へ呟く歌詞がある。

(拝啓 未来の私)

(本当普通の大人になったね)

(本当普通の大人になっちゃんだね?)

(くだらない くだらない)

(過去の痛みは全部消えない)

(敵だって消えるわけじゃない)

(わだかまりを抱えて生きて)

(そして美しく散っていけばいい)

(揺れて溢れ落ちた花のように)

花女 花譜より引用

未来の私と、過去の私は同じ考えをしている。

.

未来「見た目や上部だけが全てでそれ以外全部いらない、その考えは間違いじゃない」

過去(過去の痛みは全部消えない)(敵だって消えるわけじゃない)

考え方は変わらない。

「過去の私」と、「未来の私」は、何処かで別れている

ごめんねお別れだ

人生は一度きりだ

互いの吐息が手を繋ぐ

きっかけはいつも花だ

さよなら さよなら

今までの私

花女 花譜

その過程が、歌詞にちりばめられている。

この花女の物語を、歌詞を追いながら説明していこうと思う。

敵である「君」との出会い

「君」についての私メモ(「花女」の歌詞1番より)

  1. 「私」の敵
  2. 愛想笑いばっか浮かべている
  3. 「本当は「私」のことが苦手なんだ」
  4. 駅前で花を買った
  5. なんとなく花が似合うかと思って
  6. 「君」にあげてみた

「君」は「私」があげた花を、ドライ加工して笑いながら本棚に置いた。

私「そんなものに価値なんてないでしょ?」

君「(君が)僕を大好きと知った。それだけでいいさ。(君が僕のことを大好きな)確信なんてないのだけれど。(僕の考えが)間違ってるなら教えてくれよ。まあいいやとりあえず(僕は君のことが)大好きだ。」

彼女にとっては急展開である。

.

何となく渡した花によって、「敵」である「君」に好きだと思われてしまい、大好きだと言われてしまう。

ただ、「私」も、本当に「何となく」で、花を渡したのだろうか?

彼女自身も、元から「君」と仲良くしたかった気持ちがあったのかと思われる。

.

でも、彼女は「見た目や上部が全てで、それ以外全部要らない」「全部敵」だと思っているから、

正直な気持ちなど言えるわけがない。

.

強がりな「私」が素直な「君」と出会って、恋を知る。

でも、恋には、勇気がいる。

「見下されたくない」、と思う「私」にとっては、人一倍の勇気がいる。

唐突に始まった恋と、未来の私との対話

最近の「私」についてのメモ(「花女」の歌詞2番より)

  • 私は強がり
  • 何も言わず、ため息を吐く
  • それでも何かあるたびに花をあげた
  • 「君」はあげる度にドライ加工する
  • 「君」の家は花いっぱいで溢れ返って散らかっていた

私「じゃあ(ドライフラワー)を私の部屋に置こうか」

???(え? なに言っているの? 今まで敵だったんだよね?ねえ 彼を好きにでもなった?

私「ああそうだよ私は好きなんだ彼のことが」

???(本当は全部わかってるんだよね? 人は人を見下すものよ)

私「彼は違う」

???(違うって何? 簡単に信じられるなら勝手にしなよ。 ねえ花女)

いきなり、この歌詞が入ってくるので聞くと「え?コイツ誰…?」となります。

しかし、この対話歌詞 (  ) で括られています。

「私」の中での対話、つまり「私」。

この中で登場している人物で言えば、これは「未来の私」との対話である可能性が高いです。

.

何故、過去の私と未来の私がいるのかは分かりませんが、Fate/staynightと同じ原理だと思っておきます。解決

戸惑う心と、「私」と「私」と「君」

最近の「私」と「君」(「花女」3番…?より)

  • (私は彼が好きな)確信が持てない
  • すれ違う日々も増えた
  • あの日初めてあげた花びらも年季が入って色落ちた

「過去の私」と「未来の私」の分岐点

ああそうか永遠なんてないんだ

どんなにどんなに加工しようが花は枯れるし

私たちもシワを作っていつか土に帰る

紡いだ日々も培った笑顔も何もかもがいつかは消える

嗄れて枯れ落ちて全て消えるなら私はどうする?

花女 花譜より

人生は一度きり。

だから、彼女は別れを告げることにした。

ごめんねお別れだ

人生は一度きりだ

互いの吐息が手を繋ぐ

きっかけはいつも花だ

さよなら さよなら

今までの私

花女 花譜

「君」――ではなく、「未来の私」に

.

彼女の出した答えは、こうだった

大好きを言える

それだけでいいの

これから何度傷つけあって

間違ってるなら教えてほしい

この花に誓う

大好きよ

花女 花譜

見下されたくない、嫌われたくない。

そう思っている彼女は、それでも、

傷付け合ってでも、「大好きを言う」ことを選んだ。

.

そして、道を違えた「未来の私」に対して返す

(拝啓 未来の私)

(本当普通の大人になったね)

(本当普通の大人になっちゃんだね?)

(くだらない くだらない)

(過去の痛みは全部消えない)

(敵だって消えるわけじゃない)

(わだかまりを抱えて生きて)

(そして美しく散っていけばいい)

(揺れて溢れ落ちた花のように)

花女 花譜より引用

過去の痛みは全部消えない、敵だって消えるわけじゃない

それでも、彼女は全て消えるのならば

どれだけ傷付いても、その傷やわだかまりさえ抱えて生きていこうとする道を選んだ。

.

一方、「未来の私」は、

見下されるのが怖くて、わだかまりや傷を恐れて生きているのだろう。

だから、「過去の私」は(普通の大人になっちゃたんだね?)と伝えている。

.

この曲の最後は、「過去の私」が「君」に、もう一度大好きと言う。

そんな「花女」になった彼女の後姿が見えるような、歌詞で締めくくられている。

しきたりなんかはいらない

世間体も忘れ去った

花束を持って君の元へ

それだけでいいんだ

花女 花譜
多くの方に教えてくださると、喜びます!

この記事を書いた人

今はゲームシナリオを書いている者です。
アナログゲームを嗜む脚本家、小説家、人狼もマダミスも好き。

目次
閉じる